| 日 杳 日 記  |
京都市左京区シェアアトリエ・レンタルスペース
日杳(ひより)からのお知らせ日記です。 
http://hiyori.in
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新年明けましておめでとうございます。 | main | 2/26(土) 左京区デ読書のご案内 >>
お・・久しぶりデス。
 ひゃー早いもので2月も2週目!

久々にPCで日杳日記を見てみたら
「新年、何たらかんたら・・」が最新日記でぶったまげました。
アイフォンにしてからPCあける事が少なくなってしまいました
アイフォンでも日記は更新できるんですが
心の中で書いて終了しています

今年は京都で小さな店をやっている人間ならではの
お話をたくさん書けたらよいな、と思っております。

・・
京都に大雪が降った去年の暮れは、もう遠い日のような。
立春を過ぎ、寒さの中にもぽわんとした穏やかな空気が
漂う日々です。冬眠していたエネルギーがふかふかと
育っているかのような陽気です。
・・
1月には左京区デ読書が復活!という事で
素晴らしい会となりました。

初っ端は光村推古書院より「京都うつわさんぽ」を上梓された
沢田眉香子さん。

茶のうつわの歴史を紐解き、かつ、独自の見立ての手法を披露。
イクメンとか韓流ではなくイケメン陶作家の時代だったのか!

なんてったって、おまけのお茶タイムがほっこり〜
そしてむちゃむちゃおもろいオフトーク。
宴後、高価ないくつもの器をかついで自転車で颯爽と去っていった
沢田さんでありました。
・・
新年2回目は天文学の廣瀬匠さん。
その道では有名な方なのでしょう。たくさんご参加いただきました。
大きくなった特設スクリーンでの廣瀬さん自作スライドで
星座や暦の歴史も交えて楽しく、わかりやすく道案内してくださいました。
そしておまけの天体観測。 そう、冬空に瞬く星☆ ふわーきれー。
宴後、どこかで行われる天体観測に向けて、これまた颯爽と去っていった
廣瀬さんでありました。
・・
もう、読書ってナニ? の域に達しそうな「左京区デ◎◎」ですが(密かに嬉しい)
次回は「ザ・読書会」なのではないでしょうか。

ご紹介はまた・・。












COMMENT