| 日 杳 日 記  |
京都市左京区シェアアトリエ・レンタルスペース
日杳(ひより)からのお知らせ日記です。 
http://hiyori.in
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大阪散歩終点くるり | main | 「ガイアネットワーク」の「わらって感謝祭!」 >>
現代盆栽 「月間 左京区デ読書」


                             撮影:林口哲也氏

月間 左京区デ読書 第3回は初の女性ゲスト
 
盆栽美術家 川崎仁実さん。

川崎さんは
1980年京都生まれ。02年より盆栽美術家として「現代盆栽」を主宰。
国内外で伝統盆栽の解説とインスタレーションを行う。08年には
チェコ・プラハで個展を開催。www.gendaibonsai.com
というプロフィール、そして、聡明で美しいお方でした

盆栽と言っても、「何だか全部同じに見える」 し
    「ムリして作ってるみたいで木がかわいそう」
と感じていた私。

2時間ゆっくり、多岐にわたってお話いただいた中で感慨深かったのは
「ワイルド」と「ナチュラル」の違い。
「より良い自然の姿に導く技」で大切に慈しまれているのが「盆栽」だったのですね。

「盆栽」は有限のものということから、文化伝統に対しての国援助も少ないそうです。

あんなに御立派で風格ある「盆栽」がこんなに繊細なものだったとは・・
 (という感想は全くの私見です。)

そして中国など諸外国でつくられている「BONSAI」の面白っさたら!
海外でアレンジされている自国の文化を比較してみる楽しみも味わいました。

今週末、みやこめっせで盆栽展があります。
川崎さんのガイドで見られる機会です。 


☆☆特別企画:盆栽展鑑賞ツアーのご案内☆☆☆☆☆☆☆

西日本最大の盆栽展「日本盆栽大観展」の会期中、
川崎仁実さんによる内覧ツアーが行われます。
盆栽のいろはから、職人さんによる解説まで。
「左京区デ読書」に来てくださった方も、
この日が入門という方も、ホンモノの盆栽を愛でることで、
盆栽ワールドの奥深さをたっぷりとご堪能ください。

○日時:11/21(土)・22(日)・23(月祝)14:00〜
○場所:みやこめっせ「日本盆栽大観展」会場内
 http://bonsai.shikoku-np.co.jp/other/taikan29th.html
○企画&主催:川崎仁実
※ツアー無料。ただし入場券(当日800円)が必要です。
※予約不要。上記日時に会場入口に集合ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


上の写真は、日杳の小窓から撮影してくださったもの。
何だかとっても嬉しい視点です。

お帽子の女性が川崎さん。
後姿が厨房に立っている私です。

この日はTBSの取材も来てはりました。
プロジェクタを使ってのイベントも初めてでしたがいい感じでした。

そして、日杳1周年のお花やメールもいただいたり・・。
ありがとうございました。 

来月12月12日は、いしいしんじさん! もうお席も埋まりかけています。
お目当ての方、お早めにどうぞ・・。
COMMENT